今までの結婚式を超えた“結婚式”を提供する次世代型プロデュース会社です。

BLISS WEDDING BLISS WEDDING

World Post
「心擽られる!」世界中で活躍するプロフェッショナルたち集まる、現地の最旬の素敵な情報をお届けします。
2017/11/07

The Knot Work shop 4

アメリカの有名なウエディングメディア 「The Knot」のWorkshopについて

第4弾目。こちらが最後になります!

 

男性ウエディングプランナーとして著名な Jove Mayer(ジョブ、メイヤー)さん。

男性プランナーってやっぱり個性的ですね。

ブルックリンスタイルのウエデイングっていったらJoveと言うぐらい、

彼の右にでる人はいないです。

とてもユニークなウエデイングを沢山手がけています。

ブルックリンならではの持ち味を巧く表現しています。

今はLGBT のWeddingも手がけ、また自らもゲイである事を公表しています。

彼がLGBTの結婚式を世の中の人達にも伝えて行きたいと思った際

『The Knot 』はいち早く彼を応援してくれたそうです。

 

今回は特にLGBTのカップルのお話で、どうやって接したらよいか(言葉の問題)?

どういう態度で接したらいいのか等、

皆さんには目から鱗、

それにこれからの大きなビジネスチャンスが有る事を知らされています。

ゲイカップルの場合は収入が高い人も多いので、

接し方一つ間違えると、契約にはならず、

何百万から何千万の結婚式を取り逃がす事になるのです。

 

日本の皆さんもLGBTの略語をご存知だとは思いますが、

今は『LGBTQIA』という言葉、ご存知でしょうか?

QIAの意味は下記のようになります。

 

Q= Queer(クイアー) Questioning

これはまだ自分がゲイであるのかそうでないのかよく分析ができていない人を差します。

 

I= Intersex (インターセックス)

外性器が男女とも判別ができない人 中間性

 

A=Ally/Asexual

セクシャリテイーを感じない人

 

このように今では細かく分類しています。

そのような人達が結婚するにあたり

どうやってこの二人の願いを叶えて挙げるかが重要です。

 

ゲイの方は長い期間一緒に暮らして、

暮らし始めて7年から9年というカップルが結婚する率が高いそうです。

 

今迄ゲイに関する結婚式の伝統がなかったので、

それが今作られようとしています。

 

ジョブ.メイヤーさんの話しは本当に皆さんを引き込む力があり、

とても学ぶ物が多いです。(すごーく切れ者)なんです。

私も彼とも長い期間の知り合いになり、

彼のブルックリンでの結婚式も拝見させて頂く機会を頂きました。

是非これからの新しいスタイルを日本の皆さんにもお伝えしたいですね。

 

The knotのセミナーの後は、

皆さんでのお食事も、マンハッタンの景色を眺めながら、

アメリカン、寿司、アジアン料理、イタリアン、地中海料理のブッフェと

とても賑やかでしたよ。

 

セミナー終了後は、バンドが入ってのカクテルパーテイ、

是非日本の皆さんもこの雰囲気と事情を直接お伝えできる日が来るといいですね。

2017/11/03

The Knot Work shop 3

こんにちは!

アメリカのウエディングメディア、「The knot」

Workshopに参加してきました!の第3弾目です。

前回2に続きます。

 

人気のある、信頼のおけるプランナーに重要なこと。

できるウエディングプランナーは皆さん、

お客様へのレスポンスも早い事ですね。

24時間は普通です。

また、土、日はウエディング施行になるため、

「月から金曜日返信」と言う人もいますが、

返事ができなくても、メールが来ている事は伝え、

返事をいつするか?ということを伝えてあげる事が大切なポイントです。

 

夫婦でやっているカメラマンの事務所は、

創業してまだ3年ぐらいですが、今人気がでて来ていて、その理由がすごかった。

奥さんMail フリーク的で、

メールがきたら一応どんな返事でもいいので、

15分後には連絡するそうです。(今撮影中ですので、後ほど連絡します。)

それでもお客様にとっては安心するので、

この夫婦カメラマンは1年先迄予約が既に一杯なんだとか。

 

 

全ての内容はご紹介できませんが、

このWork shopで一番皆さんにとって実り高く、

評価が高かったのは

男性ウエデイングプランナーのJove Mayer(ジョブ メイヤー)さんです。

このお話は次回に続きます!お楽しみに。

 

2017/10/27

The Knot主催のWork shopに参加 #2

こんにちは!

アメリカで有名なWeddingメディア、「the knot」のWorkshopに参加してきました。

第二弾です!

 

このEventに参加の日本人は私一人でした。

参加しているメンバーは結婚式場とホテル関係者が

圧倒的に多かったですね。

そしてステイショナリー、プランナー、ヘアメイクアップ、

空間デザイン、カメラマン、ブライダル関係者がずらり。

 

皆さんの悩みは、この先どうやっていたらもっともっと人々に届けることができるのか。

 

ソーシャルメデイアの利用した最新の効果的な発信について等を

統計などを用いてアドバイスをしてくれます。

 

また、リアルウエデイングカップルにも4組ぐらい登壇して頂いて、

実際にどのような事を求めているのか?

どうやってヴェンダーを決めていくのか?

という話しも非常に興味深かったです。

 

一組のカップルは、

Wedding Plannerを探すのに50人のプランナーに費用を聞いたそうです。

すごいですね!

plannerからは返信が大概は24時間内で返ってきたそうですが、

一人は2週間後に返事があったそうです。。。

 

また、きちんとした料金をその場では教えてくれないプランナーも多いのも確かです。

料金の高いプランナーの中には、「ゲスト一人$2,000からです」といった方も。

もしゲスト80名だとすると

一人$2,000かける☓80名なので!わぉ!!

しかも最低金額ですからね、驚きです。

このプランナーはセレブに主に指名されるプランナーだそうで、

相応のものをつくりあげるために、

やはりある程度(ゲスト一人$2,000以上)の予算が必要という訳です。

 

 

結局の所、最終的に誰に決めるかといった時は

日本とアメリカ、場所は異なれど判断基準は同じなのです。

やはり信頼がおける、親身に、一生懸命になってくれるプランナー、

きちんとコミュニケーションがとれることが一番の決め手になります。

 

3に続きます・・・

2017/09/15

The Knot主催の Work shop に参加しました #1

Hello From New York

みなさん、こんにちは、

NYのナビゲーターEtsukoです。

 

今回は「The knot」主催のWedding についてのWork shopが

Ravel Hotelで開催された模様をご紹介させていただきます。

http://www.ravelhotel.com/index

ravelhotel.com

 

The knot (ノット)と言えば、

アメリカ内のWedding 情報誌、

リアルウエデングのカップルの写真や情報が豊富です。

今のアメリカで人気のプランナー、カメラマン、DJ、

実際のカップルさんにも登場して頂いて

この結婚式をどうやって手配したか、

今後の動き等、新しい情報が満載です。

 

今回のEvent Work Shopは今現在の状況とこの先の傾向、

どうやってこのブライダル業界で成功していけるかという話題です。

 

お一人様$250 (日本円で2万7千円)するこのEventですが、

なんと300人近くが詰めかけました。

すごいですね、この金額もそうですが、

それに集まるヴェンダーさん達。

朝から生演奏に、楽しい雰囲気を出すのは

アメリカ人お得意ですよね。

ワクワクします。

 

Wedding Plannerの大御所、Macy Blumさんも登壇されて、

どういう事が本当のSocial net workを意味するのか?という問いにも

セレブプランナーだけあって、回答はずばりそのもの。

日本なら誰もがしている、訪問する時には「Gift」でしょう。

でも単なるGiftではなく、相手の心をつかむちょっとしたギフトですね。

それについての詳細は、改めての機会にお話しますね!

 

東と西でアメリカをわけると、

東のセレブプランナーはMarcy Blumさんで

西はMindy Wise さんですね。

Mindyさんのお客様はWest coast (西海岸)のお客様なので芸能人が多い。

Marcyさんはやはり金融関係者が多いですね。

勿論芸能人もおりますが。

二人とも全く正反対のキャラクターなので面白いです。

(なにげに凄くお互い意識している感じがしましたが、)

 

長くなりましたので、次回に続きます!お楽しみに。

2017/08/06

アメリカ最新トレンド【ホテル編】2

アメリカ最新トレンドホテル編のもう1件は

ダウンタウンChina townがすぐそこにあり、

Whole foodsが近所という風変わりなエリアにできた

イアンシュエガーのデザインによるホテル

「パブリック(Public)」

彼のデザインにしてはとても空間を贅沢に使ってシンプル。

だけどワクワクがとまらない、そんなホテルを作り上げています。

すでにお洒落人間はここに宿泊して、優雅。

Luxuaryに泊まっているんですよ。

 

New Yorkにきましたら是非、訪ねてみてくださいね。

 

http://www.publichotels.com/

2017/08/05

アメリカ最新トレンド【ホテル編】1

Hello From  New York

みなさん、こんにちはNYナビゲーターのEtsuko です。

今回はニューヨークから 最新のホテルのお話です。

 

すでに話題になっている、今人気がジワジワでているホテルの紹介をします。

ミッドタウン、そう5番街に近いショッピングやセントラルパークに近いロケーションにOpenした

お洒落なホテル、その名も『Whitby 』

TimとKit Kemp夫妻が手がける2番目のニューヨークのホテル。

ロンドンにもお洒落なブテイックホテルをもち、

New YorkにはCrosby hotel 、そしてこのWitby

元々生地のデザイナーだったこともあって、

本当に色使いや、アートのセンス抜群ですね。

写真はすべて、Instagram  firmdale_hotels よりお借りしました

https://www.firmdalehotels.com/hotels/new-york/the-whitby-hotel/

 

 

Afternoon Teaも人気です。

お料理もホテルにしてはすごく美味しいのでおすすめです。

宿泊客もお洒落でソフィステイケイトな人が多いです。

何度でもいってみたくなる贅沢な空間です。

こんなホテルは日本にないですよね。

こんな贅沢でお洒落なホテルが

日本にもあったらな〜と思います。

 

FYI: ここのホテルのお花と、小さく作った都会のオアシスのガーデンは

あの、ルイスミラーさんによるデザインなんですよ。

本当にセンスがいいガーデン。NYのオススメな場所です。

2017/06/27

アメリカ最新トレンド 【ファッション編】

Hello From New York

みなさん、こんにちはNYナビゲーターのEtsuko です。

本日は、パーティーのファッションについてのお話をしたいと思います。

 

New YorkではオシャレなPartyが日々開催されますが、

意外と悩むのがファッションですね。

TPOに合せて着ていく服を毎回買うの?

みなさんどう用意をされているのですか?

と質問をされます。

 

パーティー慣れをしているNYの人たちは、

「Rent the runway」でドレスを借りてお出かけするのが主流です。

Webisteでドレスをチェックし、申込み、アクセリーや靴も借りられます。

有名デザイナーのドレスもお手頃な料金で借りる事ができます。

金額は、$30から$800 ぐらいです。

パーティーが終わったら、郵便箱に入れて返却!!

最近はブライズメイドのドレスとしてレンタルしていく人達も増えています。

 

実際にお店でスタイリストにアドバイスが必要というかたは事前の予約が必要です。

またお急ぎの方はお店に直接いって選んでそのまま着ていける

というサービスもあります。安心ですね。

ドレス選びの注意としては、お直しはありませんので自分のサイズにあったものを借りる。

サイズが合わない場合は、再度、エクスプレスで送ってもらうなど

手間がかかる場合があるので、

できるだけサイズや長さを要チェックしたうえでオーダーをしましょう。

ロングドレスはアメリカ人を対象にしているので丈が長いものが多いです。

サマードレスやパーテイードレスも素敵な物が揃っていますので、

是非、お試しください!

 

夏になると毎年行われるコンサバートリーガーデン(セントラルパークの中)で

ファンドレイズパーテイーが行われます。

5番街という事もありお洒落族でいっぱりになります。

その模様もぜひご覧くださいね。

 

最後に、New Yorkに最近できたお洒落なホテル「Whitby 」についてをご紹介。

注目されているホテルで、アートでお洒落なブテイック風。

ホテルのガーデンのデザインはLewis Millerさん。

ドレスアップをしてホテルに立ち寄りオシャレなNYで

是非、思い出に残る時間を過ごしてくださいね。

2017/06/10

アメリカ最新トレンド 【アイデア・パーティ編】

Hello From New York

 

みなさん、こんにちはNYナビゲーターのEtsuko です。

New Yorkもやっと夏が来た〜!って感じです。

 

 

ニューヨークはファッション発信の街、カラフルなウインドーが目立ちます。

最近の街並みは、化粧品会社の商品で

サックス•フィフスアベニューのデパートのショウウインドーが華やかに飾られています。

NYのたくさんの女性が立ち止まり、うっとりと眺めるウインドーです。

 

私も思わず立ち止まってパシャリ。

WeddingのIdeaになりそうです。

インスピレーションにもぴったりです。

 

昨今、フォトブースはまだまだ人気。

バッグドドロップのアイデアに是非、みなさんも活かしてくださいね。

 

アメリカも地域によって趣味趣向、好みが若干違います。

ゴージャス系と言えば花がボリュームに入るのが他の州は好きですが、

New Yorkもモリモリのボリューム派とモダン派にわかれます。

 

そんな中、ダラスとアトランタで今、力をつけ注目されている空間デザイン会社があります。

Jackson Durhamです。

Credit by Jackson Durham

 

Credit by Jackson Durham

 

この写真はアトランタの著名人のご自宅の庭で開催した結婚式になります。

日本ではなかなか見れない大豪邸ですね。

本当に素晴らしい空間でした。

空間デザイン会社のJackson Durhamについては、

今後皆さんにゆっくりとご紹介していきたいと思います。

2017/05/27

Miami Film Festival

Hello From New York

みなさん、こんにちは、NYのナビゲーターEtsukoです。

 

今回はマイアミで行われた映画祭「Miami Film Festival」3月3-12日までの開催

3月3日はリチャードギア主演の映画発表となんと本人が登場、会場では彼を一目見ようと約1700人も収容する映画館Olympia劇場が満杯でした。

劇場も凄くデザインの凝って素敵です。

 

マイアミのFilm Festivalは、映画を通してアーテイストを奨励しようと言う事から

1983年から始まったイベントです。

2010年頃から人気がでてき始め今ではこの時期6万人を動員する程になりました。

なので街をあげてこのFilm Festivalは活気だっています。

 

 

New York Film Festivalも人気ですが、マイアミもすごい人気があります。

この機会に日本でも映画を作るアーテイストチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

リチャード•ギアと言えば「愛と青春の旅立ち 」、「アメリカンジゴロ」「プリテイーウーマン」で

そのセクシーさとダンデイな感じですごく人気でしたね。

その彼も今は67才になり、白髪のおじさまになってました。変わらずダンディーですが、笑。

 

内容についてはhttp://2017.miamifilmfestival.com/

リチャード•ギアと監督が映画についてふれた後、試写会が始まりました。

映画終了後は、Dupont Theaterの会場でアフターパーテイーが開宴。

私の目的は実はこちら、笑。

マイアミの女性や男性はとてもお洒落でセクシーな人が多いです。

ニューヨークとは違ったお洒落感という言葉がぴったりでしょうか。

ゴージャスなマダムに紳士。このパーテイーもの凄く盛上がってました。

 

フォトブースもありました。いまや、アメリカのパーティでは必ずあるアイテムです。

音楽もバンドとDJも両方入っています。

シャンペンにビール、飲み放題でした。

アメリカのパーティーはあまり料理は重視されないことが多いです。

フィンガーフードが中心で、オシャレなパーティーの雰囲気づくりが重要視されます。

日本のはお洒落で沢山の料理が並んでいるということをimageされる方が多いのですが、実はちがいます。

パーティー料金は高いですが、パーティー全体の雰囲気を楽しむことがアメリカのパーティーですので、

とにかくゲストは飲んで踊ります。

仕事を忘れ、いろんな人と楽しく過ごす贅沢な時間です。

 

パーティーを盛り上げる音楽は、マイアミはラテン系の曲からいろんなジャンルで明るい構成でした。

ミュージッシャンの質も高いですし、曲が始まると皆が一気に心を奪われ本当に年齢関係なく踊ります。

本当に楽しいです。

 

マイアミに行くことがあれば、Film Festivalはおすすめです。是非、体験してみて欲しいです。

 

2017/05/17

大注目のデザイナー ルイス・ミラー氏 Ⅱ

NYで活躍中のルイス・ミラーについて、本日も紹介したいと思います。

最近はFlower Flashというニューヨーカーが花を使い心が豊かになるようにとメッセージを送る活動をしています。

セントラルパークのイマジンやアリスの不思議の国、ユニオンスクエアー、街角のゴミ箱にも花をいけたりと

町中の人をビックリさせ、今ではいつLMD(ルイス・ミラーデザイン)のフラワーFlashが行われるのかを楽しみにしているファンも多くなりました。

こちらの様子、なんとヴォーグからも紹介されました。

http://www.vogue.com/article/lewis-miller-flower-flashes-new-york-installations

 

昨年はRizzoli社から「Styling nature」の本が出版され、3度目の増刷がある程。

amazaonとBarne’s Nobelでの売れ行きも好調です。

お洒落なホテルCrosbyホテル、最近5番街にOpenしたとってもお洒落なデザインホテルの花の担当もしています。

ルイス氏、花だけでなくインテリアデザイナーとしても頭角を現し、今では著名人の家のインテリアも手がけています。

4月はGood Morning Americaのテレビに紹介されスタジオを花で装飾、アクセントデザイン、アーキテクチャー、ドミノマガジン、New York Style MagazineやVogueと次々と紹介されています。

私も彼と8年程一緒に働き、花を作る世界をみさせてもらっていますが、本当に奥深い世界を学ばせてもらっています。彼の鋭い洞察力、ハイエンドなクライアントに受けるのは彼の持つ美的感覚と知識の豊かさでもあります。

また、日本に過去に5回程日本に訪れたこともあります。ルイスは、とても日本びいきで日本のクラフトマンシップをすごく尊重しています。

日本人が作る物は美術品並みのクオリテイ、それに「すしだって、そばだって」クラフトマンシップだよと言えるぐらい、日本人の物への拘りや技術を絶賛しています。

日本人が忘れがちで、見落としそうな物迄彼はしっかり見ていますね。

常に同行している私や関わった日本の人もビックリさせられます。

 

是非また、日本を訪れてもらい日本の素晴らしさをもっと引き出してもらいたいですね。

 

日本の花嫁さんもルイス氏に空間デザインをしてもらいたい、という強い要望があれば来てくれますよ。

きっと「あっと」おどろく空間デザインをしてくれることでしょう。

そして居心地がよく、楽しい結婚式。

マジカルな世界をみせてくれるでしょう。

 

お問い合わせは日本の窓口のBLISS WEDDINGへ。

New York はEtsuko Plannigがお手伝いいたします。



□写真提供 Lewis Miller design