今までの結婚式を超えた“結婚式”を提供する次世代型プロデュース会社です。

BLISS WEDDING BLISS WEDDING

World Post
「心擽られる!」世界中で活躍するプロフェッショナルたち集まる、現地の最旬の素敵な情報をお届けします。
2017/03/07

Preston Bailey

Hello from New York みなさん、こんにちは。NYのナビゲーターのEtsukoです。
今回は、一度は体験してみたい憧れの大都市ニューヨークの

ハイエンド(超高級)ウエデイングを紹介します。

日本ではまだまだ馴染みが少ないラグジュアリーな世界観。
この数年で日本でも「オリジナルウエデング」、「ドリームウエデイング」の言葉が浸透してきはじめ、
空間にも拘りを持つ方が増えてきました。

今までは非日常すぎる、関係ないわ!実現できないわ!と思っていたことが、
自分たちの気持ち次第で、ウエディングドリームを叶えることができる時代になってきました。

そんな夢の結婚式の空間をつくる世界トップデザイナーの一人、
プレストン•ベーリー氏を訪問してきました。日本の皆様へ紹介したいと思います。

プレストン氏のショールームは、誰もが見たことがないような『あっ』と驚く素敵なデイスプレイでお客様をお迎えしてくれます。
プレストン氏自身も、ゲストを心から歓迎して下さり写真や握手にも快く応じてくれます。
世界のトツプのもてなしの歓迎は一味違うなと私も実に感心しました。

プレストン氏のお客様は、セレブからアジアの王様までさまざま。
打ち合わせスタイルは、お客様との打ち合わせに自ら立ち合い要望を伺い、それをビジョンにし形にしていきます。
おとぎの世界であるかのように空間を変えていく、いわゆる魔術師的な存在ですね。
彼の頭の中はもの凄いアイデイアがつまっていて、みたことも経験した事もない世界を、スケール感溢れるカタチで創り上げていきます。

ソシャールメディアFacebookの創立者の一人、ショーン•パーカー(Sean Parker)の結婚式の空間デザインと場所代だけで、4.5ミリオン、総額10ミリオンの結婚式を創り上げたと話題にもなっています。

プレストン氏、曰く。日本人のお客様はまだお受けしたことがないとのこと。
ご希望のお客様がいればいつでも日本にお伺いしますよ!との事。
ミニマム1億円の装飾費、総額2億以上の結婚式のクラスでないと、
彼のような世界的有名なデザイナーに依頼することはなかなか現実的ではありませんが、
やはり特別な日だからこそ、最高級な空間を創り上げたい、体験したいもの。
ご興味がある方は是非、お問い合わせください。

Preston Bailey

Home Page

Etsuko

2017/03/05

素敵な日本車 From Paris

こんにちは!

ANJのHasseyです。

今日はパリからお届けします。

素敵な日本車をParisの街角で発見しました。

HONDA S800です。

現在は日本でも見ることも少ない珍しいこの車は、

1966-1970年の4年間国内で生産されました。

海外へは北米向けに1968年にHONDA S800Mという名前で生産して輸出されたそうです。

おそらくこの車は49年前、北米に渡ったのち大西洋を渡り

ヨーロッパに中古車として上陸し大切にされたオーナーに乗り継がれ

49年の時を超えてきたのだろう。

そして今日、雨降るParisの街に素敵に停まっていました。

From ANJ Paris Team

CATEGORY
(No Category)
2017/03/03

Kleinfeld_Luxuary Wedding Dress Salon

Hello from New York みなさん、こんにちは。NYのナビゲーターのEtsukoです。

本日のNYの情報は、ウエデイングドレスの老舗的存在、

創業70年以上も続く「クラインフェルド(Kleinfeld) )」を紹介します。

 

アメリカンデザイナー、ヨーロピアンデザイナー60人のデザイナーと

1500点を取り扱うラグジュアリーウエデイングドレスサロン。

クラインフェルドの接客サービスは、NYでは一番とも言われ 25室ものお客様の試着室を持ち、

最初から最後までお客様一人一人に向き合うサービスが素晴らしい!と評判です。

 

年間、約1万7千人の花嫁が訪れ、ドレス購入までに4~5回の訪問は普通。

ドレスの予算平均は、$4,500くらい。

こちらのお店のWebsiteは、681,000件のアクセス数で、月間3万4千人のアカウントのレジスター数を誇っているそうです。

売り場面積も3,5000SQ Feet (軽くフットボールスタジアム半分ぐらいの大きさ)で、とにかく広い!のが特徴。

 

日本の新郎新婦は、カップルでドレス選びに行く方がほとんどですが、

アメリカでは、花嫁のドレス選びに花婿は絶対に一緒にいきません。 当日までのお楽しみなのです。

家族や花婿の母親は、ドレス選びに同行することはあります。

日本とはぜんぜん違う文化ですので是非、覚えていてくださいね!

 

Etsuko

CATEGORY
(No Category)
2017/03/01

素敵なサンセット Hawaii

Aloha,  From Hawaii

こんにちは。今日から海外ジャーナルをポストします、

ANJのHasseyです。

ハワイを中心に、世界の情報をお届けします!

よろしくお願いします。

今日は、ハワイのキレイなサンセットを皆様にお届けします。

ハワイのサンセットは、だいたい19時前後でワイキキビーチ沿いを歩いていると

刻々と変化していくロマンティックな空を観ることができるのが魅力です。

サンセットから夜景まで、水辺を散歩するのも人気コースですね。

日本ではなかなか体験できないロケーションを体験することができるので、

フォトジェニックな写真を残したい方は、カメラを忘れずに!

2017/02/28

Martha Stewart’s Wedding party Hosted by The Wedding Library

みなさん、こんにちは。NYのナビゲーターのEtsukoです。

本日のNYの情報は、毎年1月に催行されるMartha Stewart による「Wedding Party」

トップヴェンダーを紹介しているブライダルフェアになります。

 

 

昨年よりも今年は、トップフラワーデザイナーの参加者が多かったので全米的に関心が高かったように感じました。

今回は中でもちょっとユニーク、日本未発売情報をご紹介させて頂きます。

 

◎Bar Candy

チョコレートでできたカップ。グラスにさっと入れ込むだけでOKの商品です。

このチョコレートのカップは意外と厚くできていることもあって、何回おかわりしても大丈夫!

そして、最後はこのカップごと食べれる!というアイテムなのです。すごいですね!

チョコレートラバーにはなんとも魅力的な商品です。

1週間前にはオーダーが必要ですが、Partyの前日には送られてくるので安心です。

カクテルパーテイーやデザートブッフェ演出にかけ合わせるとオシャレになりますね。

 

 

◎Courtage  France (コタージフランス)

お洒落なシャンペン、色合いが素敵なので女性のPartyには人気です。

小さなボトルもあってとっても可愛いかったです。 *これは日本未発売商品。

 

 

◎Cakealchemy (ケーキアルケミー)

とっても素敵なウエデイングケーキを作ってくれます。

女性のペーストリーシェフ(ローリー)さんは、ファッションもお洒落でそのセンスがケーキにも現れています。

 

 

◎Ron Ben-Israel Cake (ロン、ベン、イズラエル)

本当にラグジュアリーなケーキをデザインし、セレブリテイーケーキマスター、フードネットワーク(テレビ)から

いろんな雑誌に掲載され注目されています。

とっても気さくで優しい人柄、お客様への気遣いがすばらしい。

彼のデザインを勉強しに来る人が後を耐えません。 日本でも希望があれば、セミナーに来てくれますよ。

 

 

◎Cut +Paste ( カット、ペースト)

フォトブースはアメリカでもとっても大人気です。

こちらの機器でプリントしてくれてすぐに貰えるのも嬉しいですよね。

このバックドロップも個性的で可愛い。 まるでマリーアントワネットの世界みたいですね。

ここのPhotoboothはかなり注目されています。おすすめです。

 

 

◎Designs by Ahn

今回のParty decorationでは、かなり評価が高かったアレンジメントで、

天井の高い会場にはぴったりなアレンジ。ゴージャスでとてもロマンティックでした。

オーナーのAhnさんは昔バレリーナだったそうで、容姿端麗です。

彼女が提案するアレンジはとてもフェミニンでロマンチックな色使い、女の子が大好きな物が多いのが特徴です!

 

 

◎Lewis Miller Design

ハイエンドなクライアントからの支持も多く、彼が作り出す世界は大人のかっこよさを出しています。

決して可愛いではなく上品で大御所な貫禄。 今回は1960年代を意識して背の高いテーパーキャンドルを使用し、

花は普段あまり使われないトロピカルな組み合わせのプロテリアとデリケートな花の組み合わせを見事に調和

させていました。。

とてもモダンなタッチで現代に合せたアレンジ。トレンドの前衛的存在ですね。注目です!

 

 

◎Matthew Robbins

彼のテーブルはとってもクリーンでふんわり。

グラスやナプキンのディテールが効いているセッテイング、Home partyにもよさそうなデザインですね。

白のアネモネとスパイリアのアレンジのテーブルセッテイングもとても人気でした。

 

 

◎Sarah Jessica Parker collection

Sex and the City で一躍有名にやったサラジェシカパーカーがデザインしている靴で、

特にこのブライダルの靴はマノロブラニックとのコラボの作品でNYでも注目されています。

とっても素敵な靴がいっぱいでした!!アメリカではKleinfeldでもお求めになれます。

日本未入荷なんですが、トレンド狙い目です!

 

 

日本でもMartha Stewart Wedding JAPANの本が発売されましたね。

NYやアメリカの情報が、今後、どんどん日本に入ってくると思います。オシャレ花嫁は要チェックですね!

 

Etsuko

2017/02/27

Wedding Library _Dress for Bridemaids

Hello from New York

みなさん、こんにちは。NYのナビゲーターのEtsukoです。

BLISS WEDDINGのWorld Postに定期的にNYの情報をお届けしていきますので、

是非、情報をチェックしに遊びにきてくださいね!!
本日のNYの情報は、「ブライズメイド」。

日本でも随分、ブライズメイド参加型のウエデイングが増えてきましたね。
ブライズメイドは、いったい何人まで頼んだらいいのかしら?という質問をよくもらいます。
ニューヨークやアメリカでは3人から 多くて11人ぐらいまでが平均的。

では、ドレスはどんな風にして選んだらいいのでしょうか?
ニューヨークで最もブライズメイドのドレスの扱いが多い「ウエデイングライブラリー」を本日はご紹介します。

取り扱い数350着!取り扱いデザイナー10種類!!
ハイクオリテイーな商品の取り扱いとサービスのよさが評判。
料金:$250から$450まで。
一人一人にあったデザインと、オリジナルデザインの素材を変える事も可能なのでNYの花嫁たちにも大人気。

オーナーのクラウデイアさんに2017年のトレンドのスタイルを伺ったところ、ご紹介していただきました。

今はブライドメイドも全員同じ色や形に揃えるよりも、

一人一人の個性を出すようにする事をオススメしているそう。

例えば、メイドオブオーナーが柄のドレスであれば、それに併せた単色の色違いで揃えるなど。

オーナーのクラウデイアさんは、かなり気さくな方です。

ブライズメイドに選ばれると、友人たちも結構お金がかかるのですが、選ばれることが名誉なこと。
友達なんだから、お金の問題ではない!
アメリカでは、古くからその習慣があるので、アメリカ人は当たり前の行為として文化として根付いています。

Etsuko

2017/02/26

Navigator Hassey's Plofile

みなさん、こんにちわ!

ブリスウエディングのプランナーのRieです!

本日は、ハワイやアジアのリゾート地から、パリやNYの首都まで幅広い情報を

これからナビゲートしてくださるHasseyさんを皆様に紹介したいと思います。

 

YOSHINOBU(Hassey ) HASEGAWA

 

1965年 岐阜県生まれ

大学卒業後 大手不動産会社勤務の後34歳で起業2年間の準備期間をへて

2001年7月米国ハワイ州にアロハネットワークハワイインコーポレイテッド(ウェディング会社)を設立。

同年11月日本支社を 静岡市に設立。

2004年12月ハワイ新規不動産事業をスタート。

2005年12月ウェディングサロンを静岡市にオープン。

2006年1月 米国VISA取得ハワイに移住。

2006年7月 SVO PACIFIC,IMC. エージェント契約締結。

2007年9月(株)アロハネットワークジャパンを静岡市に 設立。

2008年9月(株)翼ハウジング顧問に就任。

2013年12月 アロハネットワークジャパン東京オフイスを港区六本木にOPEN。

2014年11月 ハワイ州ホノルルにナウルタワー1FにハワイサロンOPEN。

2017年2月 フォトグラファー田部信子氏の下で2年間の修行後(現在も進行中)カメラマンデビューをする。

2017年3月 宮古島ウェディング&プロデュース株式会社 顧問契約

 

現在、国内外2社の代表取締役と国内2社の顧問としてまたカメラマンとして活躍中。

現在は東京、ハワイのデュアルライフ中で宮古島、フランスにて事業展開中

剣道3段 書道2段、

特技 人を喜ばせること、ベビーシッター

趣味 旅行、スポーツ観戦 、写真撮影、不動産見学

 

世界中を飛び回られているHasseyさんに、今後、たくさんの情報をブリス

ウエディングとコラボをし発信して頂きます。

World Post写真は、Hasseyさんご自身で撮影したものも多くありますので、

皆さんぜひ、素敵なお写真と現地情報をお楽しみ頂ければと思っています!

 

BLISS WEDDING planner Rie

2017/02/25

Navigator  Etsuko's Plofile

WORLD POSTのナビゲーター、NY在住のパートナー Etsukoさんを紹介します。

Etsukoさんには、アメリカ全域・NYなどのトレンド情報をナビゲートしてもらいます。

これからのETSUKO’S POSTどうぞお楽しみに!

 

Etsuko Chiba

CEO l etsukoplanning.com

Etsuko Chiba was born and raised in Aomori, Japan, surrounded by greenery and vast mountains of beauty. In 1989, she moved to New York City to pursue her dreams, where she continues to live and work as a tour coordinator, wedding specialist, floral designer and business consultant.

After extensive experience in closely tailoring to the needs of her clientele while delivering unprecedented results in wedding events, it was only natural that Etsuko’s creativity lead her towards the platform of floral arrangement. Within no time, she established her own consultant company for event planning as well as coordinating weddings for an impressive roster of Japanese clientele.

With a keen eye for spotting trends, Etsuko has continued to contribute creatively towards many a businesses, located both in Japan and in New York. Inspired by the prominent master in the floral and event industry of America and the one she looks up to as her mentor, Lewis Miller, her passion for beauty seeps through her floral designs, and her professionalism has successfully connected couples, businesses as well as people alike.

As the next pursuit in expansion of business networking, Etsuko aspires not only to become a great supporter for the wedding industry and clientele in Japan, but also a bridge between Japan and New York.

 

Etsukoさんは美しい緑の山々に囲まれた日本の青森に生まれ育ちました。

1989年に意を決して渡米。

以来、大都市ニューヨークで、ツアーコーデイネイター、ウェデイングのスペシャリスト、フラワー・

デザイナー、コンサルタントとして活動しています。

お客様に寄り添った丁寧な段取りで、唯一無二のウェデイング・イベントを提供し経験を積み、

やがてフラワー・アレンジメントの分野でもその才能を開花することができました。

そして日本のお客様向けに、イベント企画のコンサルティング、ウェデイング・コーディネートなどを

手がける会社を立ち上げました。

Etsukoさんの鋭いトレンド感覚は、日本やニューヨークでのビジネスに大いに貢献してきました。

彼女が師とあおぐアメリカのフラワー/イベント業界の重鎮ルイス・ミラー氏の影響を受け、

彼女の美への情熱は、そのフラワー・アレンジメントに強く表れています。

またEtsukoさんの確かなプロ意識は、カップルやビジネス、そして人を結びつける事に成功してきています。

次に目指すのはビジネスのネットワークを広げることです。

ウェデイング業界において日本のお客様の良きサポート役となり、

日本とニューヨークの架け橋になりたいと望んでいます。