今までの結婚式を超えた“結婚式”を提供する次世代型プロデュース会社です。

BLISS WEDDING BLISS WEDDING

News
「日本に行ってみたい!行きたい!!」日本の伝統文化や食、イベント情報をブリスウエディングが世界に向けて情報を発信します。
2017/05/18

日本の職人技術 クレイデザイナー

日本にはたくさんの職人さんがいます。世界では日本の職人技術は本当にすごい!と感嘆の声が上がるのもしばしばです。そんな中、この人も職人だな!と思うクレイアーティストの内野美佐さんを本日は紹介したいと思います。

http://claydesign.jp/

この写真を見てクレイだと思いますか?本物の和菓子やケーキやお花だと思いますか?

この写真はすべてクレイで作られた商品です。

WEBサイトにproductページがあります。是非、たくさんの内野さんの技術のWorldをたくさんの皆さんにチェックしてもらいたいです。

この作品は、太陽のようなアーティスト内野美佐さんが制作されたものです。日本らしいものをクレイで表現。カタチにしようというプロジェクトが始まり、試作を何度も挑戦しながら色合いや風合いや材料組み合わせ、技術で形になったものです。思い起こせば、作品プロジェクト開始は日々、ディスカッションの毎日で、内野さんのこころの内に隠されている想いや願いを言語化することからはじまりました。想いはあるけど言葉にできなかったり、カタチにできないときは生みの苦しみで、いつも内野さんはうぅ~とうなっていました。いつも何の目的でクレイのデザインをしたいのかから始まり、強み弱みから可能性を広げていました。

内野さんはいつも、クレイだけが表現できる特別の世界を追求したい。

諦めていたものを形にし、たくさんの笑顔と幸せを創り出したいなと。

内野さんのデザインの特徴は、オートクチュールデザインが可能なこと。

全てオーダーメイドで高い技術とストーリーのあるデザインを表現でき、

ノンストップの工程で作りあげることができます。(←実はこれがすごいんです!)

成功された秘訣は、無限大の表現力を最大限活かす技術の向上に真摯に取り組まれたことかなと思います。

内野さんの作品をみて、みなさんが内野さんのクレイを好きになってくれたら私も嬉しいです。

内野さんのWEBサイトは愛が溢れています。とっても温かい気持ちになります。
作品を創り上げる想いがproductのページにも情報が満載です。
http://claydesign.jp/

大切な記念日、ふだんからおもっている大切な想いを大切な方に用意したい方にはオススメです!
記念日アニバーサリーギフト(結婚式、誕生日、結婚記念日、出産、出会い)をより楽しく、

ステキにHAPPYにしてくれます。

2017/05/15

Best of KANAZAWA

2017年5月15日

東京から新幹線で2時間半で移動できる、加賀百万石の金沢。

私、長谷川の実家があるので年に何度も帰省していて思うこと。

それは、最近のインバウンド向けサービスの充実度です。

金沢駅を降りると、インバウンド向けボランティアのシニアの方が多くいます。

皆さん、お揃いのベストを身につけられているので、すぐにわかります。

シニアの方が中心に片言の英語や中国語を話しながら、対応されています。

私も思わず背中が伸びます(本当に英語を話せないと・・(大変)ですね。汗)。

 

駅から離れた場所に観光地が点在している金沢では、移動手段がとても大事になります。

ここ最近、バス・レンタサイクルもどんどん充実してきました。

道が狭い場所、アップダウンも多い金沢では、バスはもちろんですが、

小回りのきくレンタサイクルはおすすめです。

英語サービスもあるので、海外ゲストの方が街を颯爽と走っている姿もよくみます。

 

金沢の海外ゲストおすすめの場所【Must to GO Place  KANAZAWA】TOP  5 はこちらです。

1.KENROKUEN Garden

2.Kanazawa Castle Park

3.Naga-Machi Bukeyashiki District

4.Higashi Chaya District

5.21st Century Museum of Contemporary Art , Kanazawa

 

□写真提供 金沢市

2017/05/07

屋敷林のある風景

2017年5月7日。

こんにちは!ブリスウエディング プランナーの長谷川です。

私の田舎である富山県西部の砺波平野は日本最大級規模の散居村エリアです。

川に囲まれ緩やかな平野が広がり、古くから稲作が盛んな場所。長閑な風景が広がります。

水田の中に、家があるのわかりますか?

まるで湖に浮かんでいるようです。

 

 

散居村とは、

周りの水田を耕すのに便利な形態として、100メートルほどの間隔で農家が散らばって建っていることをいいます。

車窓からみると、本当にポツンポツンと家があります。

家の周りには風雪や夏の強い日差しから家屋を守るために植えた屋敷林があります。

1年を通じて西風が吹くため、家の周りの三方を木々で囲むようにしています。

 

隣の家の声も聞こえず、昼も夜も聞こえるのは風や木々の揺れる音、

この時期も虫やかえるの声ぐらい。。

そんなのどかな田園風景をいつまでも見ていたいです。

過疎化で人口が減ってきていますが

いつまでもこの風景を残すことができたらと願っています。

 

 

 

2017/04/02

日本を味わう体験_神社結婚式

こんにちは!

ブリスウエディング プランナーの長谷川です。

海外から日本を訪れる人が一度はしてみたい日本ならではの体験をご紹介します。

人気のある体験として挙げられるものが、「神社仏閣巡り」

 

お寺や神社の集まる京都はもちろん、古都鎌倉などの有名な街以外にも、日本各地にあります。

多くのビルが立ち並ぶ街でも神社仏閣だけは別世界の雰囲気を味わうことができる場所で、

多くのお寺や神社では結婚式やイベントを挙げる事が可能です。

日本では門戸が広く空いているため特に縁がなくてもお好きな場所で挙式をすることができます。

 

神社やお寺では檀家制度、氏子といった繋がりを強くもった方々がいます。

檀家とはお布施をして寺の財政を助ける家のことです。

氏子とは生家の氏神や地元にある神社にてお世話をしているものを指しています。

 

昔の日本は檀家さんや氏子さんが所属しているお寺や神社で結婚式を挙げていました。

昔ほどではありませんが、今でもご自分のルーツのある場所での挙式を挙げる方もいます。

日本古来の流れを組んだ、ご自分のルーツのある場所での結婚式をお寺や神社に行かれたら、もしかしたら見ることができるかもしれません。